旅行関連

海外の病院で治療費を自己負担した場合、実は日本の健康保険で払い戻される

777546 / Pixabay 海外の病院で治療費を自己負担した場合、実は日本の健康保険で払い戻される Contents 海外の病院で治療費を自己負担した場合、実は日本の健康保険で払い戻される海外治療費の一部払い戻しを受ける為の問い合わせ先海外治療費の一部払い戻しの為の申請書類海外治療費の自己負担〜帰国後の治療費の一部払い戻しまでの流れ 2018年の年末、タイ・バンコクのカオサンロードでヘナタトゥーというボディペイントをしたら アレルギー反応が出て、カブれて、現地の病院へ行くという大変な目にあった。 し ...

ReadMore

ベトナム・ホーチミンのブイビエン通り

ベトナム ~Vietnam~ ホーチミン ~Ho Chi Minh~ 旅行 ~Travel~

ベトナム・ホーチミンのバックパッカー街”ブイビエン通り”がカオス

  ベトナム・ホーチミンのバックパッカー街で有名なブイビエン通りに行ってみた 昼間は普通のストリート   でも、夜は・・・   ・・・カオスだった。   ベトナム・ホーチミンのバックパッカー街”ブイビエン通り”がカオス Contents ベトナム・ホーチミンのバックパッカー街”ブイビエン通り”がカオス場所夜のブイヴィエン通りはカオス実はブイビエン通りの路地がカオスすぎて面白いまとめ 場所 地図上の赤線の場所がブイヴィエン通りです。 住所 107-79 Bùi Việ ...

ReadMore

タイ ~Thailand~ パタヤ ~Pattaya~ 旅行関連

パタヤの秋葉原「Tukcom Pattaya」でSmooth 4を衝動買い

タイの観光客に人気のビーチリゾートであるパタヤ。 バンコクのような大都会ではなく、地方都市のパタヤ そのパタヤに滞在中、アクションカメラのパーツが欲しくなり googleで検索したところ、最終的に辿り着いたのが パタヤの秋葉原 「Tukcom Pattaya」 だった。   パタヤの秋葉原「Tukcom Pattaya」 Contents パタヤの秋葉原「Tukcom Pattaya」地図住所公式HPTukcom Pattaya 店内地下1F1F2F スマホ関連フロア3F カメラ関連フロア4F  ...

ReadMore

旅行関連

海外の病院での治療。海外旅行保険の保険金請求と健康保険の払い戻し

rawpixel / Pixabay ヘナタトゥーでアレルギー。現地の病院へ〜帰国後の保険金の申請まで Contents ヘナタトゥーでアレルギー。現地の病院へ〜帰国後の保険金の申請までヘナタトゥーをして現地の病院へ行くまで帰国後の通院海外旅行保険、保険金の申請保険会社の審査〜保険金の支払い(入金される)まで健康保険 海外治療費払い戻しの申請海外治療費の払い戻し 自分の場合、怪我や病気で海外の病院で受診したわけではありませんが 実際に海外旅行保険を使う事も、あまり多くはないかなと思い 今回、たまたま自分が ...

ReadMore

ベトナム ~Vietnam~ ホーチミン ~Ho Chi Minh~ 旅行 ~Travel~

ホーチミン郊外のワニ釣りが出来るテーマパーク”スイティエン公園”

ベトナム・ホーチミンの郊外(9区)にワニ釣りが出来るというテーマパークがあります。 そのテーマパークの名前はスイティエン公園。   遊園地と微妙な動物園とプールが合体したような感じの謎でカオスなテーマパークです。   ホーチミン郊外のテーマパーク”スイティエン公園” Contents ホーチミン郊外のテーマパーク”スイティエン公園”場所行き方テーマパークテーマパークワニ釣りが出来るところ動物園的なエリアまとめ   スイティエン公園 (ベトナム語: Khu Du lịch Vă ...

ReadMore

旅行関連

東南アジアでタクシーやバイタクの利用はGrabを使えばお手軽かつお得で便利

東南アジアでタクシーやバイタクの利用はGrabを使えばお手軽かつお得 Contents 東南アジアでタクシーやバイタクの利用はGrabを使えばお手軽かつお得配車アプリ「Grab」配車アプリ「Grab」とは?サービス提供地域Grabアプリで登録する1.アプリをダウンロードします。2.アプリをダウンロードしたら、アプリを起動します。3.位置情報と通知の確認4.電話番号の入力5.認証コードの入力クレジットカードの登録Grabタクシーやバイタクの利用方法まとめ 東南アジアを旅行する際、移動でタクシーやバイタクを使 ...

ReadMore

旅行関連

ヘナタトゥーでアレルギー!カブれた。帰国後の通院と治療について

2018年末のバンコクのカオサン通りでヘナタトゥーを施して、エライ目にあったオレですが 帰国後も、病院に通院したりして難儀しています。 ヘナタゥーをしたらアレルギー反応が・・・ Contents ヘナタゥーをしたらアレルギー反応が・・・海外(現地)の病院で治療をする帰国後、国内の病院へ通院治療総合病院の救急外来で診察を受ける一週間後、皮膚科で受診することにその後の通院と傷の回復 そもそも、2019年1月2日の夕方、パタヤで滞在していたホテルの部屋で 火傷っぽい傷跡から変な黄色い汁が出て困り果てて、病院に行 ...

ReadMore

タイ ~Thailand~ パタヤ ~Pattaya~ 旅行 ~Travel~

パタヤのEasyKart Pattayaでレーシングカートに乗る

    パタヤのEasyKart Pattayaでレーシングカートに乗る Contents パタヤのEasyKart Pattayaでレーシングカートに乗るEasykart Pattaya の場所レーシングカートの種類と料金注意事項受付からレースに参加するまでの流れコースレイアウト体験してわかったことなど Easykart Pattaya の場所   地図   住所 361/83 หมู่ที่ 10 Bang Lamung District, Chon Buri ...

ReadMore

ベトナム ~Vietnam~ ホーチミン ~Ho Chi Minh~ 旅行 ~Travel~

ベトナム・ホーチミンの統一会堂はまるで要塞で迷路

  ベトナム・ホーチミンの統一会堂って感動する Contents ベトナム・ホーチミンの統一会堂って感動する統一会堂の基本情報・住所営業時間入場料休館日公式HP地図写真で見る統一会堂 ホーチミン市の3区にある統一会堂 1975年4月30日、南ベトナムの大統領府だったこの建物の門を北ベトナム軍の戦車が突き破ってサイゴン陥落 ベトナム戦争が終結した。 中に入るとまるで要塞の如く、複雑な迷路の様な構造。   ウィキペディア   統一会堂の基本情報 ベトナム・ホーチミン市の1区にあ ...

ReadMore

タイ ~Thailand~ バンコク ~Bangkok~ 旅行 ~Travel~

バンコクのスクンビット通りで財布をスラれてガックリした話

タイのバンコクの中心部で スリ被害に遭って、財布を失ってしまって・・・ガックリした話です。   バンコクのスクンビット通りで財布をスラれてガックリした話 Contents バンコクのスクンビット通りで財布をスラれてガックリした話スクンビット通りのアソーク交差周辺でスリ被害に遭うその後、アソーク〜ナナ間の露店でショックを受けつつ飲んでたバンコク・スクンビット通りのBTSアソーク駅〜ナナ駅間は危険地帯いざ海外で実際にスリ被害にあってみてまとめ Ganossi / Pixabay 翌日帰国するという日 ...

ReadMore

タイ ~Thailand~ バンコク ~Bangkok~ 旅行 ~Travel~

バンコクのスクンビット通りで財布をスラれてガックリした話

更新日:

タイのバンコクの中心部で

スリ被害に遭って、財布を失ってしまって・・・ガックリした話です。

 

バンコクのスクンビット通りで財布をスラれてガックリした話

Ganossi / Pixabay

翌日帰国するという日の深夜

人生で初めて海外で盗難にあって、かなりガックリした話。

 

スクンビット通りのアソーク交差周辺でスリ被害に遭う

2019年1月4日 深夜2時頃

タイ・バンコクのスクンビット通りアソーク周辺を友人と二人で歩いていた時

スリ被害に遭って、財布を失ってしまった。

 

スクンビットsoi23からソイカウボーイを通り抜け、アソーク大通りに出て

スクンビット通りをNana方面に歩いていた。

 

アソーク大通りで、ガムを売り歩く女の子からガムを買って、バックから財布を出し、支払いをし

支払い後、すぐにバックに財布を入れ、走って次の客にガムを売りに行く女の子を見送った。

1個40バーツのガムを2個買い、100バーツ支払ったがお釣りはなしだったので

「最初から、釣りなんか返すつもりないな」と笑いながらバックに財布を入れてチャックを閉めたのが

最後に財布を見た時だった。

この時点では確かに財布はあったし、バックのチャックも確実に閉めたのも記憶している。

 

アソークの交差点を渡り、何気にBTSのアソーク駅の「ASOK」の写真を撮った。

 

そして、Nana駅方面へ100mほど歩いたところで、ふとショルダーバックを見ると

バックのチャックが財布がギリ取れるくらい開いていた。

瞬間的に「ああヤラレた」と思ったし、冷や汗が出た。

チャックを開けバックの中を見ると、案の定財布はなくなってた。

 

ガム売りの女の子と別れて、スリ被害に気づくまでの時間は

わずか5歩程度。

その間、人混みを歩いただとか、人とぶつかったという記憶はない。

一瞬、あのガム売りの女の子かとも思ったが、真相はわからない。

がしかし、ショルダーバックを後ろ側(腰の辺り)に掛けていたので

あまりにも意識の低い、ナメた感じだったのは猛省している。

 

その後、アソーク〜ナナ間の露店でショックを受けつつ飲んでた

失意の中、その辺の露店に座り込んで飲むことにした。

そこに、たまたま日本人のおじいちゃんとおっちゃんが飲んでいて

話し掛けられたタイミングで、財布をスられた話をすると

「ここの通りはみんなヤラレテル」「おかま!おかま!」

とレディーボーイによるスリが頻発しているとの話を聞かされた。

 

おじいちゃんはバンコクに移住して15年ほどで

おっちゃんは名古屋在住の会社経営者で毎月バンコクに来ているとの事。

 

中身が現金2000バーツ程とカード2枚だと言うと

「それくらいなら、良かったじゃん」

「まぁ勉強したと思って」

「数十万とか100万スられたやつもいっぱいいる」と慰められた。

 

まあ確かに被害としては最小ですんだとは思った。

 

財布の事よりも、ヘナタトゥーで被れた腕が痒くて仕方がなかった。

バンコク・スクンビット通りのBTSアソーク駅〜ナナ駅間は危険地帯

一緒に飲んだ日本人のおじいちゃんから聞いた話と

あとでネットで調べて見ると

やはり、スクンビット通りのBTSアソーク駅〜ナナ駅間はスリの被害が多いとの事

レディボーイの集団と子供の集団の犯行であることが多いと。

おじいちゃんの場合

バックの中でもバックと財布をチェーンで繋いでいるらしい。

紐だと切られるからダメだと、熱く語っていた。

 

海外だと、それくらいの心つもりは必要なのかもしれないとも思ったよね。

 

いざ海外で実際にスリ被害にあってみて

 

いざ被害にあってみた感想はと言うと

・本当にいつどこで誰の犯行なのか、全くわからないこと

・財布がギリ取れるくらい絶妙な感じでチャックが開けてあったこと

・どんなに治安が良くても、油断してはいけないこと

・自分の身は自分で守るしかないと言うこと

 

まとめ

確かにタイという国は治安も良く、人も良いと思う。

バンコクやパタヤなんて、外国人もやたら多いし

賑わっている。

 

何回も行っているけど、危険を感じたこともなかった

しかし、やはり油断は禁物で

最低限の自己防衛は、常に心がけておく必要があると強く感じた

今回のスリ被害は大した被害ではく、最悪なことにならなかった

この小さな被害を大きく受け止め、今後に活かしていこうと心に誓った旅でした。

 

PS.たぶん、ヘナタトゥーをしたことが今回の旅の失敗の始まりだったんだろうなぁ

 

 

そんなオレのプロフィール▼

 

 

 

 

 

 

-タイ ~Thailand~, バンコク ~Bangkok~, 旅行 ~Travel~
-, , , , ,

Copyright© アジア散策 , 2019 All Rights Reserved.